それは株式会社ではありません

[広告] 楽天市場


株式会社法〔第7版〕 [ 江頭 憲治郎 ]


江頭 憲治郎 有斐閣カブシキガイシャホウ エガシラケンジロウ 発行年月:2017年11月09日 予約締切日:2017年11月08日 ページ数:1060p サイズ:単行本 ISBN:9784641137868 江頭憲治郎(エガシラケンジロウ) 1946年兵庫県生まれ。1969年東京大学法学部卒業。東京大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1章 総論/第2章 設立/第3章 株式/第4章 機関/第5章 計算/第6章 資金調達/第7章 会社の基礎の変更/第8章 外国会社/第9章 解散と清算 会社法実務の必携書!!実務において重要な、中小企業・閉鎖型企業をめぐる問題に記述の重点を置いた。定款自治の限界、会社関係の契約に盛り込むべき条項などを具体的に示し、ビジネス・プランニングに資することを目指した。会計制度・税制・外国法など、会社法を取り巻く制度の基本的な枠組みについても解説した。実務家を中心に絶大な信頼を得る決定版体系書の最新版。平成29年の民法(債権関係)改正、税制改正(スピンオフ税制の導入、組織再編税制の改正)を織り込み、コーポレートガバナンス・コード、スチュワードシップ・コード等のソフト・ローにも対応した。 本 人文・思想・社会 その他
価格:6,048円

【送料無料・13%OFF・ポイント10倍】ヘルスエイド ビフィーナS(スーパー)30日分3個セット【乳酸菌】【ビフィズス菌】【ビフィーナ】【サプリ】【サプリメント】【ヘルスエイド】※「ヘルスエイド」「ビフィーナ」は森下仁丹株式会社の登録商標です。


メーカー希望小売価格はメーカーサイトに基づいて掲載しています 。 特定商取引法に基づく表示原材料名 エリスリトール、食用油脂、オリゴ糖、ゼラチン、デンプン、ビフィズス菌末、アシドフィルス菌末、ガセリ菌末/グリセリン、乳化剤、酸味料、増粘剤(ペクチン)、香料、着色料(クチナシ、カロチノイド)、(一部にゼラチン・大豆・乳成分を含む) 栄養成分表示 1袋(1.4g)当たり エネルギー5.1kcal、たんぱく質0.16g、脂質0.41g、炭水化物0.84g、食塩相当量0.0012g 乳酸菌10億個、オリゴ糖0.30g 機能性関与成分 ビフィズス菌(ロンガム種BB536)50億個 届出表示 本品には生きたビフィズス菌(ロンガム種BB536)が含まれます。ビフィズス菌(ロンガム種BB536)には腸内フローラを良好にし、便通を改善する機能があることが報告されています。 摂取の方法 1日1袋を目安に、水などと一緒に噛まずにお召し上がりください。 届出番号 C17 内容量 30袋(30日分)×3個セット 保存方法の注意 ●乳幼児の手の届かないところに保管してください。 ●春〜秋の間、特に高温になる場所に置くのはさけてください。 摂取上の注意 一日摂取目安量を守ってください。 その他義務表示 ●本品は、事業者の責任において特定の保健の目的が期待できる旨を表示するものとして、消費者庁長官に届出されたものです。ただし、特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。 ●本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。 ●本品は、疾病に罹患している者、未成年者、妊産婦(妊娠を計画している者を含む。)及び授乳婦を対象に開発された食品ではありません。 ●疾病に罹患している場合は医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。 ●体調に異変を感じた際は、速やかに摂取を中止し、医師に相談してください。 食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。 ヘルスエイド ビフィーナS60袋入3個セット
価格:10,064円

♪ 500ml ●モイストタイプ【Aujua】オージュアクエンチシャンプーモイスト<シャンプー><QUENCH><株式会社ミルボン>


■ ブランド名 【Aujua】オージュア ■ 商品名 クエンチシャンプーモイスト <シャンプー><QUENCH> ■ 内容量 500ml ■ 商品説明   メーカーのホームページをご覧ください。 ■ 備考 ※こちらの商品は 発送まで約1週間ほどお時間を頂戴いたします。 ※ご注文後のキャンセルはお受けいたしませんので、ご了承ください。※こちらの商品は一部キズがある場合がございます。 ■ 製造国 日本 ■ 商品区分 化粧品 ■ 広告文責 株式会社LOOP TEL:052-842-9477 
価格:5,400円

【呉春株式会社】呉春 本醸造 1800ml


生産量の少なさから幻の銘酒とも言われます。 口当たりの柔らかさ、さわりの無い飲み口の中にも、諸々の味わいがゆっくりと通り過ぎていくような景色を思い浮かばせます。 さりげない旨味を備えた酒です。 内容量 1800ml 賞味期限 開封後はお早めにお飲み下さい。 保存方法 直射日光等、光を避けて保存して下さい。 原材料 米・米麹・醸造アルコール 製造元 呉春 アルコール度数 15〜16度 商品説明 日本酒度±0 酸度1.3 精米歩合65%
価格:2,190円

ミュゼドゥヴァン松本平ブラッククイーン [2015] 赤ワイン ミディアムボディ 720ml株式会社アルプス 長野県塩尻市【あす楽】


ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン 長野県 アルプスワイン  ・ 味わい ミディアムボディ  ・ 色 赤ワイン  ・ ヴィンテージ 2015  ・ 産地 信州松本平産  ・ 品種 ブラッククイーン  ・ 飲み頃温度 14℃ 信州松本平産ブラッククイーンをフレンチオーク樽にて熟成させました。濃紫色の深い色合い、凝縮された果実味、そして適度な渋みが特徴のバランスの良い赤ワインです。※『ミュゼドゥヴァン』とは、「ワイン博物館」という意味。長野県原産地呼称管理委員会認定商品。 株式会社 アルプス Musée du Vin アルプスワインのフラッグシップとなるべく、原料ぶどうから醸造、熟成までとことん こだわりをもった、アルプスの新ブランド。2002年に設立された長野県原産地呼称管理制度(NAC)とは? より高い品質の農産物及び農産加工物を提供していくことで生産情報を消費者へ開示し、消費者の信頼を得ながら地域の振興を図ることを目的とした制度です。 原料栽培地、醸造場所からワインの味わいまで厳しい審査が行われています。 銀行振込や郵便振込は、ご入金確認後の発送となります。銀行振込やゆうちょ振替を選択されご入金が確認できない場合は、代金引換便に変更して発送させていただくことがございます。予めご理解下さいませ。 雑誌「ワイン王国」 の購入は、コチラをクリック。
価格:1,400円

レオピンファイブNEO(4本入り)使用期限2019年02月税込「第二類医薬品」。 湧永製薬株式会社沖縄・北海道送料200円加算.


配達先 は、埼玉県日高市はできません。 レオピンファイブネオは、ニンニクを長期間かけ抽出・熟成し、濃縮して得られた濃縮熟成ニンニク抽出液に、ニンジンエキス、ゴオウチンキ、シベットチンキ、ビタミンB6及びニコチン酸アミドを配合した滋養強壮剤です。 本剤は、ニンニク特有の刺激や臭いが軽減されておりますので、のみやすく、また服用後の口臭や体臭はほとんど気になりません。 メンバーズカードは、できるだけお入りくださいませ。湧永は、超優良会社です。 情報流失など 絶対ございません。正規代理店に登録義務がございます。この登録がないと近い将来お取引できなくなります。 ●相談すること 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。  …医師の治療を受けている人 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性がありますので、直ちに服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 〔関係部位〕皮膚〔症状〕発疹・発赤、かゆみ 〔関係部位〕消化器〔症状〕胃部不快感 3.服用後、「下痢」の症状があらわれることがありますので、このような症状の継続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 4.しばらく服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 効能・効果 ●滋養強壮 ●虚弱体質 ●肉体疲労・病後の体力低下・胃腸障害・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給 1回下記量を添付のカプセルに入れて水又はぬるま湯と一緒に服用してください。 〔年齢〕大人(15才以上)〔1回量〕1ml 1日服用回数 2回 〔年齢〕15才未満…服用しないでください  カプセル1個に1mlの薬液が入ります。 〔手順〕カプセルをはずす→カプセルに薬液を入れる→カプセルをはめて服用する *カプセルに薬液を入れますと軟化し、しばらくすると溶けますので服用のつど入れてください。 〔成分〕 濃縮熟成ニンニク抽出液2mL中) 濃縮熟成ニンニク抽出液・・・1.6mL 〔はたらき〕 ニンニクの鱗茎を長期間かけ抽出・熟成し、濃縮して得られた抽出液で、ニンニク特有の刺激や臭いはほとんどなく、虚弱体質や肉体疲労時などにすぐれた滋養強壮効果を発揮します。 〔成分〕 ニンジンエキス 〔分量(2mL中)〕 200mg 〔はたらき〕 薬用人参ともよぱれるウコギ科オタネニンジンの根のエキスで、虚弱体質や病後の体力低下時などにすぐれた滋養強壮効果をあらわします。 〔成分〕 ゴオウチンキ 〔分量(2mL中)〕 0.025mL 〔はたらき〕 牛の胆のうもしくは胆管中にまれに見つかる結石から製したチンキで、滋養強壮剤として医薬品に広く使用されています。 〔成分〕 シベットチンキ 〔分量(2mL中)〕 0.016mL 〔はたらき〕 ジャコウネコの香腺分泌物から製したチンキで、強壮生薬として使用されています。 〔成分〕 ビタミンB6 〔分量(2mL中)〕 20mg 〔はたらき〕 体の組織や機能の維持に必要な栄養素であるタンパク質やアミノ酸の代謝に必須なビタミンで、肉体疲労時や胃腸障害、栄養障害時などの場合の不足を補います。 〔成分〕 ニコチン酸アミド 〔分量(2mL中)〕 12mg 〔はたらき〕 広く3大栄養素の代謝や健康維持に必要なビタミンで、肉体疲労時や胃腸障害、栄養障害時などの場合の不足を補います。 *添加物として、果糖、香料、カラメルを含有します。 *添付のカプセル本体に、ゼラチンを含有します。 本剤についてのお問い合わせは、お買い求めの販売店又は下記までご連絡をいただきますようお願い申し上げます。 ●湧永製薬株式会社 東京支社 お客様相談室 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2丁目5-1 TEL:03-3293-3363 ダイヤルイン 受付時間:9:00〜12:00/13:00〜17:00(土日祝日を除く) 製造販売元 湧永製薬株式会社 本社:大阪市淀川区宮原4丁目5-36 文責 販売店 三丁目のくすりや・ フォーユードラッグ 埼玉県日高市武蔵台3−1−1 電話 042-982-3788登録販売者 齊藤英晴コンビニうけとりできません。配達先 は、埼玉県日高市はできません。 お知らせ申し上げます。 湧永製薬(レオピンの会社)でカード登録(ポイントカード)(カードは、当店で機械でトレースするため当店でおわずかり)して(個人情報守秘義務しっかりしております。)御客様が、レオピンをお買い上げなさいますと、ポイントが生まれて ポイントによりまして、例えば、4500ポイントで、「オムロン体組成計}を差し上げます。景品パンフレットを後日送付いたします。ちなみに、レオピンファイブネオ4本入りを、1個お買い上げの場合、240ポイントになります。 カートの上に、いる。いらないの選択項目を設置してございます。 詳しくは、電話番号 03-3293-3069 湧永製薬メンバーズカード事務局まで 。疲れは病気に入口です。 レオピンファイブネオは、ニンニクを長期間かけ抽出・熟成し、濃縮して得られる濃縮熟成ニンニク抽出液に、ニンジンエキス、ゴオウチンキ、シベットチンキ、ビタミンB6及びニコチン酸アミドを配合した滋養強壮剤です。 本剤は、ニンニク特有の刺激や臭いが軽減されておりますので、のみやすく、また服用後の口臭や体臭はほとんど気になりませんこのお薬をお買のお客様が興味のおありになる、健康食品はこちらです。 こちら
価格:15,300円

株式会社の偽者にご注意、確かな店舗はココ、ついつい流行ってるものをなんとなく選んでしまう、そんな貴方に!

3つのお店の絶妙なバランス。
それぞれのお店が個性的であり、3つのお店が自然と繋がり合っていて大きなまとまりを感じさせる。個であり集合体であるという、今までにない商業施設です。この空間の雰囲気は、現場でこそ感じられるものかも。
さらに言えば、お店、というよりも、人、に焦点を当てた方がいいのがこの施設を表していて、それぞれに個性的なオーナーでありながら、みなどこか雰囲気が似ていて、絶妙なバランスというのは人のバランスが絶妙ということなのだ。
例えば、大手資本のショッピングセンターでは、オーナーの個性に焦点を当てるなんて、こうした切り口では考えない。そこがWarmth Productionの本領発揮で、今までになり商業施設という意味はここにあるのでした。Warm Placeの物語は広がっていく。「Warm Place」。その名称は、これまでのストーリーが続いていることを示し、いよいよまた川越に帰ってきたことを知らせる。さらに発展させる場であり、尚且つ、この温かい空間そのものをこれほど言い表す名称はなかった。Warm Placeに集まって詰まった川越ストーリー。 その空間は、ギャラリーと言うにはもっと気さくで、誰かの家にお呼ばれしたような居心地になっている部屋。肩の力がふっと抜けていくまる部屋に、飛び切りのクオリティの作品を展示していくというギャップ。両方の按排が絶妙なのだ。間違いなく川越では初めての空間の誕生と言える。空間の「味」というのは、店主・オーナーの人柄が滲み出て醸成されるもので、穏やかな空気感から、ギャラリーのオーナーの人柄が窺い知れるようだった。その空間、その作品、その人。部屋の中でぬくぬくと時が経つのを忘れていた。。。 Warm Placeの物語の導入部はまずこれまでと同じように。川越に新しくできたギャラリー、「Gallery ROOM」さんが入る建物が、2017年10月にクレアモールにオープンした商業施設、シェア店舗の「Warm Place(ウォーム プレイス)」さん。建物があるのが、本川越駅から歩いて3分ほど。クレアモールを北に進み、小江戸蔵里を過ぎ、最初の十字路を越えて右手に見える建物、武蔵野銀行の向かいにある4階建てビルの二階から上がWarm Place。1階には手芸のお店「マリア」さん。建物左側部分に二階へ上がる階段が。入口にはお店からのお知らせがあり、期待が膨らむ。この階段の上に、どんな世界が待っているのだろう。吸い込まれるように二階の空間に足を踏み入れると、一気に別世界にいざなわれるような感覚に陥る。。。外から建物を見上げた時のイメージと実際の店内の雰囲気がいい意味でギャップがあって、一気に惹き込まれる。体感した人が思う「この建物にこんな空間が広がっていたなんて。。。」という驚き、それに続いてすぐに高まっていくここにはどんなものがあるんだろうと探索したくなる期待感。なんでしょう、ここに流れている温もりの空気感は。その空気に身を浸しながら、ゆっくりと見回っていく楽しみ。Warm Placeの二階フロアは別々に3店がお店を構えていて、それぞれが区分けされ独立して営業しています。■「なごみたうん」■「アークジュエリースタジオ」
■「Gallery ROOM」3店はWarm Placeオープンと同時で、2017年10月1日に一斉にオープンしました。フロアを仕切り、小さいお店が3店入居しているスタイルは、ありていに言えばシェア店舗という言い方になるでしょう。しかし、その表現では、その枠ではこの場が言い当てはまらないことは、現場を見てもらうとすぐに解ります。一般的な「シェア店舗」・「シェアオフィス」・「シェアアトリエ」と聞くと、1フロアの中で、あなたはここ、あなたはこちら、ときっちりと間仕切りされ、ボックスで区分けされるものが多いと思います。ビジネス的観点で運営するならそれが当たり前かもしれない。しかし、Warm Placeは少し違った。他のシェア店舗と違うことは第一印象で伝わるはずで、いや、シェア店舗と比較するのも違うのかもしれない。全く新しいコンセプトの商業施設を開発したと言った方がいい。そしてこのスタイルは、深く知れば知るほど、他ではなかなか真似ができないものであることにも気づく。。。もちろんWarm Placeにもお店ごとの区切りはありますが、それは緩やかであり、どちらかというと境界線は溶け合って繋がり合っている、と言うのが正解。一つのお店に入って見ていると、気づくと隣のお店が気になって入っていて、この隣はなんだろうと入り、そしてまた向かいのお店へ戻って来る、というエンドレスな循環、自由な回遊が自然と生まれてしまう場所だった。きっと人にとって、こうした自由な回遊こそ、楽しいものなのだ。そういう楽しみ方こそ、人の本来なんだと歩いて気付かされる。ボックスで仕切られて、ここにはこれがあります、と分かってしまうよりも、何があるんだろうとわくわくしながら回る楽しみ。一つ一つのお店の個性も際立っていて、独立し、集合しているのが、Warm Place。それぞれのお店の面積は小さくとも、繋がりを感じさせる空間は、3店の広がりの中の1店という印象を与え、一つのお店の小ささを感じさせない。1店、1店、1店と小さな点ではなく、3点という大きなまとまりで発信している強みを感じさせるよう。多分、「シェア」するというのは本当はこういうことなんでしょう。壁を作って「分断」のではなく「共有する」。一つの場を共有して繋がり合うネットワークをシェアと言うなら、本当の意味でのシェア店舗でした。そういう意味で、Warm Placeは本質的なシェア店舗と言えました。ただ、、、「空間の使い方、お店の見せ方」の工夫だけでこの空気感までは作れないだろうということもすぐに解ります。こういう施設がもっと増えたらいいのにと思っても、3店が独立しながら溶け合うように繋がり合うというこの形は、簡単には実現できない。。。単に入居したい人を募集するだけだとお互いのニュアンスが違うことで3店のバランスがとれず、それで溶け合わせようとしてもよりちぐはぐさが際立ってしまうだけ。バランスには「どういうお店が入るのか」、がとても重要。どういうお店が入るかでこのコンセプトの商業施設の成否が分かれると言ってもよく、間違いなく最も重要な要素。そういう意味で、Warm Placeに入るお店が持っている空気感はどこか似ていて、もっと言えば店主の人柄、雰囲気が似ていることからくるのだ。こういうコンセプトの施設を運営するには、大きな視点を持ったプロデュースする人の存在が不可欠。Warm Placeを企画・運営しているのが、二階の奥に事務所を構える「Warmth Production」さん。Warmth・・・この名称でピンとくる川越の人もいるかもしれません。そうです、かつてあった川越のあのお店です。あのお店から発展してWar
mth Productionへ。つまり、Warm Placeは川越で新規に立ち上がった施設であるけれど、壮大な川越ストーリーの延長に誕生した施設と言うのが、真実。Warmth Productionのことは紐解くと壮大な川越ストーリーになるのですが、そのお話しはまた別の記事で。Warm Placeに入るお店は、どんな経緯でこの建物に出会い、集まったのか、どんな引き寄せでここに引き寄せられたのか、それを振り返ることがひいては全体であるWarm Placeという施設を伝えることにもなるはずで、一つ一つのお店、一人一人の話しに耳を傾けてみたい。時を置いて、Warm Placeの3店を一つずつ紹介していく試み。以前は、ジュエリー工房「アークジュエリースタジオ川越店」さんを特集しました。(「Arc Jewelry Studio アークジュエリースタジオ川越店https://ameblo.jp/korokoro0105/entry-12323798165.html)アークジュエリースタジオ川越店さんの横に入っているのが、こちらも通りに面している、「Gallery ROOM」さん。Warm Placeの第二弾の特集です。
Gallery ROOMさんは、4坪という小さなギャラリーには、質の高い作家さんの作品が月替わりで展示されています。
「Gallery ROOM(ギャラリー ルーム)」
川越市新富町1-9-3 2F
11:00~17:00
水曜日休
070-3544-6168
room.kawagoe@gmail.com
https://www.facebook.com/GalleryRoomKawagoe/
川越にギャラリーは数多くあれど、この質の高さはなかなかお目にかかれない。
川越初登場、という作家さんばかりが予定されています。
本当のプロの作品を見てもらいたいと、企画の内容に心を砕いている。
こうした作家、工房を川越に招聘できるのは、オーナーの原さん自身が陶芸家として活躍している人であり、これまでの活動から全国各地の作家さんとの繋がりを持っているからこそ。
Gallery ROOMさんは、企画展を中心に展開しているギャラリー。
オーナーの原さんによる「一ヶ月に一作家(一つの工房)」を取り上げた展示を行っている。
貸しギャラリーではなく、企画ギャラリーというところに信念を感じさせる。
「本当のプロの作品を見てもらいたい」。
一般的なギャラリーの展示は、1週間ほどで次々と入れ替わっていくことが多いですが、Gallery ROOMの展示期間はギャラリーとしては異例の一ヶ月という長い期間設定しているのが特徴。
一ヶ月という長期間展示されていることにより、一度見に来た人が「もう一度見てみたい」と再びやって来るケースも多く、それまさに原さんが狙ったこと。1週間程度の展示期間だと、また見たいと思ってももう終わってしまって次の展示が始まっていることが多い。その展示もまた見たいと思ってもまた次が始まり、というサイクルで動いている。悪天候が続けば一週間なんてあっという間に終わってしまう。
短い期間の展示は作家にとっても来場者にとっても負担もあり、「Gallery ROOM」で原さんが大事なコンセプとして考えていたのが、一ヶ月間の展示だった。
長期間あることで、まるで美術館に何度も足を運ぶようにGallery ROOMに通い、気になった作品をいつまでも見つめることができるのだ。
ゆっくりと見ることができる、もう一度見たいと行ける安心感を。
また、短い期間だと、作家の固定ファンが押し寄せて終わりというパターンも多いですが、一ヶ月間あることで、作品に触れる機会の裾野が広がり、作家の新規ファンを獲得することにも繋がる利点もある。
一ヶ月という期間があることで、一週間で搬入・搬出という慌ただしい日々から抜け出し、作家はギャラリーに任せて作品作りに専念することができる。
作家はあくまで作品作りの人、販売は得意な人に任せたいという作家の本心を汲み取っての運営スタイル。
それは、作家である原さんによる、「作家としてはギャラリーがこうであると嬉しい」という作家に寄り添った作家目線のギャラリー運営がなされている。

それに、ギャラリーとしての作品展示の方法も独特。
いかにも作品を展示してます、というあらたまった展示の仕方はせず、気軽に見てもらうような展示、そう、まるで「部屋」の中に置いてあるように作品が展示されている。
実はこれも原さんがギャラリーの信念で、ギャラリーの展示作品が、では家でどのように見えるのか、あらかじめギャラリーで確かめられるような意図を大事にしていた。
ギャラリーでいいと思っても、家に置くと想像以上に大き過ぎたり、小さ過ぎたり、スケール感のピントが合わないのはよくあること。
そのギャップを埋めようとしたのが、Gallery ROOM。
いいなと思った作品を目の前にして、家に置いたらどう見えるだろうと想像せずとも、既にギャラリーにある様子からイメージがしやすく、ギャラリーと家が繋がっている。
作品は買った時がゴールではなくあくまで通過点、買った人の家の空間に溶け込み、呼吸をし、生きていくことが作品としての本望。
本当に作品を大事にし、本当の出会いを体験して欲しいと思ったからこそ、「一ヶ月に一作家(一つの工房)」、「家に居るかのような空間」のギャラリーを誕生させたのだった。
ここまで聞いて、ギャラリーの名前をもう一度確かめて、合点がいったでしょう。
「Gallery ROOM」。
ここはギャラリーであり、部屋だったのです。
部屋には、本当にふらりと部屋に遊びに来たという雰囲気で寄る人が多く、和気あいあいとギャラリー内で話しに花が咲く様子は、ここがギャラリーであることを一瞬忘れるほど。
しかし辺りを見回して、やはり、作品の質の高さに目を奪われるというギャップに圧倒されるのだ。
Warm Placeのオープンと同時に2017年10月1日にオープンしたGallery ROOM。
10月のオープンから三ヶ月先まで企画展の内容が決まっていてアナウンスされていました。
初めの3人は、原さんが長年懇意にしている作家で、質の高さを信頼している作家たち。みな川越では初めての企画展となる。

今の2017年11月2日(木)から11月27日(月)まで開催されているのが、人形作家「きびねの」さんの企画展。きびねのさんはもちろん川越初登場であり、他の地でも展示会が少ない作家さんですが、原さんの繋がりから、それときびねのさんのGallery ROOMを応援したいと想いから今回実現。原さんときびねのさんは以前、別の地の猫をテーマにした企画展で知り合ったという。実は・・・きびねのさんの人形があってしっくりくる場にしたいというのも、原さんがGallery ROOMの空間作りで考えたことでもありました。
きびねのさんの人形は、どの人形も支えがなく自立している造りにまず驚く。。。
一体一体に表情・ファッション・仕草に個性があり、一体一体というか一人一人と言ったほうがしっくりくる存在感で、一人一人別人格と
してそこに立っている。ある人は涼しい目を窓の外に向け、ある人は物憂げに空を見上げ、ある人は笑顔でこちらを見つめる。目が合うとどきりとする生命感がありました。。
ディテールまで精緻に作り込まれていて、ディテールというのは、人形の着る服を手作業で縫う、人形の髪・まつ毛を一本一本、人形が履く革靴まで手作りしているというレベル。目が合った瞬間、まるで・・・生命すら感じさせる。写真でもこの見る者を圧倒するクオリティが伝わるでしょう。
28体の人形が発するエネルギーに小さな部屋が熱くなっていた。
きびねのさんと同時に展示されているのが、「ネムハジメ」さんの力強い猫のオブジェ、猫の版画。実はきびねのさんとネムハジメさんは夫婦であり、揃って作家活動をしている。夫婦一緒に作品を展示するというのも初の試みで、画期的なことでした。
そしてGallery ROOMの企画展、一つ前の展示会。既に会期は終了していますが、Gallery ROOMオープンと共に展示が始まっていたのが、2017年10月1日(日)~30日(月)、陶芸家「はら・かおり展」。
Gallery ROOMのオーナー原さん自身の陶芸作品の展示でした。
原さんはもともとギャラリーのオーナー業の人ではなく、陶芸作家として30年活動している人である。これまで都内の百貨店や地方のイベントなど年に5、6回は招待されて企画展に参加している。
はら・かおりさんの作品には、物語を感じる。
見ているとお話しがくるくると始まっていきそうで(いや、始まっている!)、いつの間にか世界に惹き込まれているのだ。
帽子の形をして、イタリアのカンポ広場をイメージした灯り。
植物を植え、庭に、部屋に飾って猫といる空間を楽しめる猫柄レリーフのプランター。
その作品の片隅にある階段に座り込む男。男が飲み捨てた酒瓶に、自分の姿がある。誰もいない深夜、彼を見つめているのは、一匹の猫。
公園で遊んでいたら雨が降り始める。公園にいた猫に傘をさして置いてくるが、心配で窓から外の天気を伺う。そんな雨の日のなんてことのないお話。
などなど、ストーリーが目の前で始まり、一編の映画を観ているような感覚になっていた。猫をモチーフにした作品が多いのもはらさんの特徴で、猫の作品が注目されて世に出たと言っていい作家だけに、今でも大事なモチーフにしている。
原さんの「はら・かおり展」の会期中、同時にもう一人の作家の作品も展示されていました。
その絵を見たら・・・思わず、あ!と気付いた人も多かった。
温もりあるタッチの絵は今見ても色褪せず、描かれた動物たちは紙面から飛び出てきそうなほど生き生きとしている。絵に喚起されて、かつての思い出も甦ってきて、心底がじんわり温かくなっていくようだった。
その作品とは、故「はらJIN」さんの作品でした。さらに、一般的に分かりやすい作品としては上の写真、株式会社ギンギスが販売している薄焼きビスケット「たべっ子どうぶつ」のイラストと言えば、もうみなピンとくるでしょう。
「たべっ子どうぶつ」
http://www.ginbis.co.jp/product/tabekko.htmlはらJIN1947年2月14日新潟県生まれ。1970年~1980年代にイラストレーターとして活躍。可愛らしい動物をやわらかいタッチで描いた作品が多い。趣味は魚釣り。1978年発売のギンギス「たべっ子どうぶつ」のパッケージイラストは今でも残る作品。パソコン雑誌「I/O」(工学社)では創刊号より誌面中のイラストを担当。また、姉妹誌の「PiO」に登場するにわとり「PiOくん」もデザインした。今はなき株式会社ベニスのキャラクター「Don&Noo」は大ヒットした。1985年、山中湖のワカサギ釣りに心不全により死去。(享年38歳) はらJINさんが亡くなって今年で32年。それでも「たべっ子どうぶつ」は今でも販売されロングセラーを続けていて、子どもたちの新たなファンを増やし続けている。たべっ子どうぶつの動物たちに代表されるイラストを描いていたのがはらJINさんで、なぜ、ここにはらJINさんの作品が展示されているのかというと・・・お気づきかもしれませんが、陶芸作家であり、Gallery ROOMのオーナーのはら・かおりさんの夫がはらJINさんなのです。
今回は、Gallery ROOMオープンという門出に自身の展示会を合わせ、亡きはらJINさんのイラストの一部も展示して、夫妻の同時開催という形を観てもらっていたのでした。

原さんにとっては「Gallery ROOM」というギャラりー展開は人生初の挑戦。作家と並行してギャラリー運営、そこには一体どんな経緯があってこの道へも進もうとしたのでしょう。
東京都出身の原さんは、もともと美術が好きで陶芸やガラス、油絵に親しんでいた。
大学卒業後学校の先生をしていた時期もあり、その後、自分が本当にやりたいと思える作品作りの道へ進んで行った。
陶芸作家として長く活躍し、人生の転機となったのが、2011年の東日本大震災と自身の病気。
各地の展示会に参加するだけでなく、自分の拠点となる場所、色んな作家を紹介できる場所が欲しいと探すようになる。都内からの人の流れもある小江戸川越に場所を探し、原さんが思い描いた場所を実現できる場所として、Warm Placeに引き寄せられたのでした。
考えてみると、3つのお店が入居するWarm Placeの形態が、原さんにとってはこれ以上ないものだったことは間違いない。奇跡的な出会いと言っていいかもしれない。
「ギャラリーに一人で居るだけでは、寂しさでめげていたかもしれない」。 しかしWarm Placeには、すぐ隣にはアークジュエリースタジオさんがいて、向かいには「なごみたうん」さんがいる。寂しさなんてどこにもないんです。
さらに、3店が集まって、「こんな企画やってみよう」、「あんなことも楽しそう」なんてわいわい話しが出来るのは、この形態だからこそ。

Gallery ROOMとしての企画展は、2017年11月30日(木)~12月25日(月)に「アトリエ満点星」さんの展示が予定されています。来年の企画展の続々と決まっていますが、特に2018年11月に予定している、「まいけるからわた」さんの展示は川越で大きな反響を巻き起こしそう。「まいけるからわた」
http://www.necomachi.com/karawata/
『漫画家/イラストレーター/造形作家のまいけるからわた(MichaelKarawata)怪獣から 神さままで、他人から見るとストライクゾーンの幅が広すぎてとりとめがないようです。 しかしそれらをつなげるのが自分というキャラクター。』こちらも川越初登場、こういう作家を川越に呼んでしまうのが、Gallery ROOMのGallery ROOMたる所以です。どの企画展も、まるで部屋に招かれたような居心地の良さで作品と向き合うことができるはず。
原さんはも
ちろんギャラリー運営だけでなく、作家としても陶芸作品を生み出し続けていき、年に一度はGallery ROOMで自身の展示会を開きたいと構想している。来年は時期によってはレンタルスペースとして貸し出す期間を設ける案や、ROOM内でワークショップを企画する案もあり、ここから色んなことが展開されていく。そてに、クリスマスにはROOMで音楽イベントの話しもあって、そうなればGallery ROOMだけのイベントではなく、Warm Placeのイベントとして発展していきそう。 ・・・と、ROOMの雰囲気に浸りながら思うのだ。ROOMにはまさに部屋感があってつい長居してしまうようですが、いや、部屋感というなら、Warm Placeに部屋感があって、この施設全体がROOMであるのではないか。。。Gallery ROOMに遊びに行って、次はお隣のアークジュエリースタジオさんの部屋へ。次は向かいの「なごみたうん」さんを覗いていく。部屋を巡る楽しみがありました。 Gallery ROOMから、Warm Placeの他のROOMへ。そしてまた、Gallery ROOMへ。 寛ぎの部屋は、繋がり合っているのでした。
「Gallery ROOM(ギャラリー ルーム)」
川越市新富町1-9-3 2F
11:00~17:00
水曜日休
070-3544-6168
room.kawagoe@gmail.com
https://www.facebook.com/GalleryRoomKawagoe/
    

お父さん、お母さん、株式会社は決まってないけど、働く喜びが分かりました

お届けもの3つでした

1つ目は

住友不動産様より第100回ステップコンサートのチケット 2名分 頂きました
クラシックのコンサート、久しぶりなので楽しみです

2つ目は

モニプラ経由でディアフルール サンプルセット 頂きました

3つ目は

ポチカム経由で株式会社ウテナ様よりマトメージュ まとめ髪アレンジウォーター 頂きました

各社様ありがとうございます

にほんブログ村

にほんブログ村

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする