サイト管理者のパスワード

あなたは、Blogやサイトを管理していますか。

Blogサービスを利用しているのでしょうか。
それとも、ツールを活用してサイト構築しているのでしょうか。

そのどちらの場合にも必要なのが、
管理者パスワードです。

そのパスワードの強度について関心がありますか。
チェックしたこと、ありますか。

また、パスワードはどの程度の頻度で変更していますか。

パスワード強度を上げることと、
一定期間を過ぎたら別のパスワードに変更すること、

これが、自分が管理、運用するサイトの安全性を維持するために
どれだけ重要なことか、考えたことはあるでしょうか。

パスワードを半角英数字記号の組み合わせにする
さらに、8桁以上の長さにして、
など、面倒なようですが、
ハッキングの被害を受けた時を考えると、
はるかに労力の少ない安全対策ですよ。

では、パスワード強度を上げるにはどうすればいいでしょうか。

パスワード強度を上げるには

例えば、世界中で最も多くの利用者が愛用するWordPressでは、
結構、工夫されたパスワード認証の仕組みを用意してあります。

ルールさえ守れば、十分にセキュアな状態といえます。
データベースのユーザーテーブルの中身が見られていても、
また管理者であるadminのパスワードをハッシュ化したとして、
そのハッシュ化された値が開示されたとしても、
ログインできない
そうです。

パスワード強度をチェックしてみる(無料診断)
  The Password Meter

桁数を増やすこと
英数字、さらに記号を組み合わせること
により、強度は変わってきます。

少なくとも、指定の8桁で校正しているからと安心しないことです。
8桁英数字程度の強度では、管理者であるadminのパスワードとしては不十分と判断したほうがいいのです。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする