SMART手法

スキルアップするには、どのようなスキルを向上させたいか、
受験や学習科目、習得したいテーマ、
理解力、表現力、会話、計算能力、判断力、
運動能力にも持久力、瞬発力、耐久力、速さ、
などの基本となるスキルがあるでしょう。
そしてどのくらい向上させるのかを決めます。

SMART手法について紹介します。

まず活動目標を決めるわけです。すぐに思いつかない場合には、解決したい悩みを考えてみましょう。
次に、その目標や悩みの解消をSMART手法で実践していきます。
つまり、計画の内容がSMARTの原則と比較して点検するわけですが、その原則は、

S: Specific  目標は具体的であるかどうか
M: Measurable 目標が達成できたかを測定できるかどうか
A: Achievable  目標は(たとえ難しくとも)十分に達成可能であるかどうか
R: Reasonable/Relevant/Realistic/Result-oriented
目標はそのビジネスにとって意味のあるもの、現実的、結果に基づくものであるかどうか
T: Timebound 目標はその時間軸が明確であること、つまり期限が明確であるかどうか

という観点です。

用語が複数に分かれているのは、これまでに多くの先行者が悩み改善し、
実際に応用する場面場面で適切と思われる用語を使ってきたからです。

つまり、適用する状況が異なること、および、
それぞれの主張者が独自性を出すために、違う表現があるんですね。

最初のSは、Specific

最初のSは、Specific の頭文字です。。

「具体的」という意味ですが、目標は達成するためのものです。
理念やスローガンやビジョンのように抽象的でなく、
実現する時のようすが具体的にイメージできる内容であることがポイントです。

利益や収益を上げるのであれば、1億円、と明確に表現します。
すると、売上高や決算報告書、銀行の通帳の残高など、目に見えてくるわけです。
具体的なアクション、行動計画につなぐためには、5W1Hの視点で

what 何をやるのか?
who 誰がやるのか?
when いつやるのか?
why なぜやるのか?
where どこでやるのか?
Do-how そしてどのようにやれば実現できるのか、
その具体的なステップを作成して、計画作成というわけです。

当然、必要な予算や技術の確保も含みます。

このように、具体化しながら進めていくと、より飼う実に、そして早くスキルアップが実現できます。
この手法は応用範囲が広いので、ぜひ身につけるといいですよ。

インターネットマーケティング TIPSを読む・・・


Powered By brainers

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする